新任教員(初任者)かよ先生のブログ

初任者ならではの視点から、教育や学校についてつっこんでいきます。少しでも役立てば光栄です。失礼すみません。

MENU

オススメ書籍紹介② ファクトフルネス

みなさん、こんばんは。かよです。

我が師匠(サル先生)オススメの本をやっと読むことができました。なかなか手に入らなかったんですよ。

 

 

感想をという声があったので、簡単に紹介していきます。

まずは、本の宣伝文句としては、↓の感じ

 

ファクトフルネスとは――

データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣。賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身につく。

 

なんのこっちゃですよね。

なんで、データとか事実を知れば、癒やされる?

セラピー的な本なのか?と思うかもしれませんが。

 

癒やされる。

読んでみると、まさにその通りでありました。

 

この感動はきっと読んでみないと伝わらないと思いますので、中身も少し紹介を。

 

本の冒頭は見開きのカラーの、世界の所得レベルマップから始まります。

 

我らが日本の位置を確認して、やっぱり日本は裕福なんだなぁ。

他には苦しんでいる人がいるのに、貧しいとか贅沢言っちゃいけないと少し感慨にふけます。

 

次に13問のクイズが私達を待っています。

 

賢い人ほど、世界についてとんでもない勘違いをしている。

 

こんな煽り文句の中解いていきます。私は5問正解。

 

世界の平均が2問正解らしいので、中々やるなと思いきや…それすら勘違いでした。

私はなんて無知だったのでしょう。

 

何問か紹介します。

 

質問

世界の人口のうち、極度の貧困にある人の割合は過去20年でどう変わった?

・A 約2倍になった

・B あまり変わっていない

・C 半分になった

 

質問 現在、低所得国の女子の何割が初等教育を受けている?

・A 20%

・B 40%

・C 60%

 

 

質問 世界の1歳児で、なんらかの予防接種を受けている子供はどのくらいいる?
・A 20%
・B 50%
・C 80%

質問 いくらかでも電気が使える人は、世界にどのくらいいる?
・A 20%
・B 50%
・C 80%

 

 

答えは読んでからのお楽しみに。

どの質問も、大半の人は正解率が3分の1以下で、ランダムに答えるチンパンジーよりも正解できないそうです。しかも、専門家、学歴が高い人、社会的な地位がある人ほど正解率が低いというから驚き。


その理由は、10の本能が引き起こす思い込みにとらわれているから。

 

世界は思い込みでできている。

そんな世界の真相をぜひ読んで確かめてみてください。

 

 

ブログのランキングに挑戦中です。

本当に良ければでいいので、クリックお願いします。

 
小学校教育ランキング